節約のおすすめはズバリコレ!【もうお金は無駄にしない】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
節約

ついつい立ち寄って余計なものを買ってしまう・・

お金を無駄にしてしまうことは、誰にでもあることかもしれません。

 

しかし、無駄な出費が続くと、将来的に貯蓄や投資、生活の質の向上など、

様々な面で影響が出てきます。

そのため、無駄な出費を抑え、賢く節約することが必要です。

 

この記事では、節約のプロともアマチュアとも言えない私が、

お金を無駄にしないためのおすすめ節約術を紹介します。

 

・食費

・光熱費

・交通費

・買い物

・家計の見直し

・節約グッズ

・節約レシピ

・節約ライフハック

・節約におすすめのアプリ

 

盛り込みました

といったテーマを取り上げ、具体的なアイデアや方法を紹介していきます。

どれか一つでも参考になるものがあれば幸いです。

 

この記事を読むことで、自分自身の出費を把握し、

無駄な出費を抑えるための方法を学ぶことができます。

 

また、節約に必要な心構えや、アプリを活用する方法など、

幅広い節約知識を身につけることができます。

節約生活を送りたい方や、お金の使い方に悩んでいる方にとって、

役立つ情報が盛りだくさんの記事になっています。ご一読ください。

Sponsored Link

★今回の内容★

「節約の基本」3つのおすすめポイント

  • 収支を管理しよう

節約を始める前に、まずは自分の収支を把握しましょう。

毎月の収入と支出を紙やスマホアプリなどで管理することで、

どこでどれだけの支出をしているかを可視化できます。

 

収支を管理することで、無駄な支出を見つけることができ、

節約につながるということになります。

 

  • 貯蓄をすることを習慣にしよう

節約の目的は、将来の不安を減らすために貯蓄をすることです。

毎月の収入のうち、一定額を貯蓄するようにしましょう。

 

貯蓄のために口座を作って、自動引き落としにすることで、

貯蓄を継続的にすることができます。

 

  • 無駄遣いをやめよう

無駄遣いは節約の天敵です。毎月の支出を見直し、

必要のないものや高額なものはやめるようにしましょう。

 

また、モノを買う前には、自分に本当に必要かどうかを問いかけることも大切です。

必要なものだけを買うことで、節約につながります。

 

「食費節約」おすすめの5つの方法

毎日の食費を見直すこともとても重要なことであると言えます。

以下に例を挙げていきます。

 

  • 自炊をする  

外食よりも自炊をすることで、食費を抑えることができます。

また、自炊をすることで、自分好みの味付けや、健康的な食事を作ることもできます。

 

  • 食材を無駄なく使う  

食材を無駄なく使うことで、食費を節約することができます。

例えば、余った野菜はスープにしたり、冷凍して保存することができます。

 

  • 安い食材を使う  

安い食材を使うことで、食費を抑えることができます。

季節によって値段が変わる野菜や果物を利用することや、

まとめ買いすることで割引を受けることができます。

 

  • メニューを考えてから買い物をする  

メニューを考えてから買い物をすることで、無駄遣いを防ぐことができます。

また、メニューに合わせて必要な食材だけを買うことで、

余分なものを買うことを防ぐことができます。

 

  • 保存容器を使う

食材を保存する際には、保存容器を使うことで、

食材の保存期間を延ばすことができます。

 

例えば、野菜や果物を切ってから保存する場合は、

密閉性の高い保存容器に入れることで鮮度を保つことができます。

 

また、食材を調理した際にも、

余った分は保存容器に入れて冷蔵庫や冷凍庫に保存することで、

無駄なく使い切ることができます。

 

Sponsored Link

「光熱費節約」おすすめの4つの方法

こういった毎月ある程度掛かるコストは、

根本を見直していくことで大きな節約効果が得られます。

 

  • エアコンの使用を控える

暑い時期や寒い時期には、ついついエアコンをつけがちですが、

エアコンの使用量が多いと光熱費がかかってしまいます。

 

特に、エアコンの温度設定を1度下げるだけでも、

1か月の光熱費が約10%節約できると言われています。

エアコンの使用を控えることで、光熱費を節約することができます。

 

  • 節水・節電を心掛ける

お風呂や洗濯、トイレなど、水道代も光熱費の一部です。

節水を心掛けることで、光熱費の節約につながります。

 

また、電気代の節約には、家電製品の適切な使用や、

不要な電気製品の電源を切ることが大切です。

 

  • LED照明に変える

従来の電球に比べ、LED照明は消費電力が少なく寿命も長いため、光熱費の節約に効果的です。

LED照明は、従来の白熱電球や蛍光灯に比べ、光の種類や色味も豊富なため、

おしゃれなインテリアにも合わせやすい点も魅力です。

 

  • 断熱材の導入

冷暖房の使用を控えるためには、家の断熱性を高めることが大切です。

特に、冷気が入り込む隙間をふさぐために、断熱材を使用すると効果的ですね。

 

私自身も経験していますが、隙間からくる冷気はバカにできないんです。

断熱材の導入により、光熱費を節約することができます。

 

Sponsored Link

「交通費節約」おすすめの4つの方法

交通費節約

節約を突き詰めていく中で、交通費も重要な要素です。

日頃の移動を振り返ってみてください。

 

  • 公共交通機関を利用する

公共交通機関を利用することで、車の燃料代や駐車場代を節約できます。

また、電車やバスの定期券を購入することで、さらに費用を抑えることができます。

 

  • カーシェアリングを利用する

カーシェアリングは、車を所有していなくても、

必要なときに車を借りることができるサービスです。

 

自分で車を所有するよりも、税金、メンテナンス、駐車場代など費用を抑えることができます。

 

  • 自転車通勤をする

自転車通勤は、健康にも良く、燃料代や駐車場代も不要なので、交通費を大幅に節約できます。

昔はママチャリ一択みたいなところがありましたが、

今はスポーティなバイクも充実しており快適に運転することができますよ。

 

  • ウォーキングをする

ウォーキングは、交通費はかからない上に、健康にも良い運動です。

近場の場合は、車やバスを使わずに歩くことで、節約につながります。

 

「買い物節約」おすすめの3つの方法

日頃の買い物に対する意識も高めていくと、他との節約と連動して効果が倍々になっていきます。

 

・スーパーのチラシをチェックする

スーパーのチラシをチェックすることで、

安売り商品や割引セールを見つけることができます。

 

また、チラシの中には、ポイント還元キャンペーンなど、

お得な情報が掲載されていることもあります。

 

・食品ロスを減らす  

食品ロスを減らすことで、食費を節約することができます。

食品ロスを減らすためには、賞味期限の近い食品を使い切ることや、

余った食材を再利用することがポイントです。

つい買ってしまう予定外の食材は、

食品ロスを減らすうえで障害になってしまうこともありますので要注意。

 

・格安スーパーやネット通販を利用する

格安スーパーやネット通販を利用することで、

通常よりも安く食材を購入することができます。ただし、質や鮮度には注意が必要。

 

「家計の見直し」おすすめの3つのポイント

自身の支出を振り返って可視化していくと、思いもよらない出費が見つかったりします。

 

・支出を把握する

まずは、家計簿をつけるなどして、自分たちの支出を正確に把握しましょう。

そうすることで、何にいくら使っているかが明確になり、無駄な出費を減らすことができます。

 

・生活習慣の見直し

生活習慣を見直すことで、節約に繋がることがあります。

例えば、無駄に夜間電気を使わない。家にこもる時間を減らしてお散歩。

甘い飲み物からお茶、水への切り替え。

などが挙げられます。

 

・支出を減らす工夫

生活習慣の見直し以外にも、支出を減らすための工夫があります。

例えば、

光熱費を抑えるために古い器具の変更

待機電力の削減

食費を抑えるためにお得なスーパーで1週間分まとめ買いをする

など、工夫はそこら中に転がっていますね。

 

「節約グッズ」おすすめの5つのアイテム

売られている節約グッズは企業がいかに節約できるか考えられたもの。

どんどん使い倒していきましょう。

 

・電気代節約グッズ

電気代を節約するグッズとしては、省エネLED電球や、

電源をオフにするだけで電気を切ることができるスマートプラグなどがあります。

 

・節水グッズ

節水グッズとしては、シャワーヘッドや水流量調節のできる蛇口などがあります。

 

・食費節約グッズ

食費節約グッズとしては、食品ロスを減らすための真空保存容器や、

炊飯器に入れて一緒に炊くことができるスチームトレーなどがあります。

 

・買い物節約グッズ

買い物節約グッズとしては、

お財布に入れるだけで割引になるポイントカードや、

特売品を見つけやすくするアプリなどがあります。

 

その他にも、エアコンや冷蔵庫の電源を管理するタイマー、

紙おむつを節約する布おむつなど、様々な節約グッズがあります。

 

Sponsored Link

「節約レシピ」おすすめの5つの料理

節約レシピ

食費の節約のために節約のレシピ考案は必須ですね。

継続しやすい簡単なものを挙げていきます。

 

・きのこたっぷり豆腐ハンバーグ

豆腐やきのこ、玉ねぎなどを混ぜ合わせたヘルシーなハンバーグです。

豆腐の水分をよく切ることで、肉の代わりになります。

材料費が安く、栄養バランスも良いので、節約にも健康にもおすすめの料理です。

 

・野菜たっぷり炒め物

野菜をたっぷり使った炒め物は、栄養価が高く、食材を無駄にしないので経済的です。

旬の野菜を使えば、さらにおいしく、手軽に作れます。

 

・節約おでん

鶏ガラや昆布などを使っただし汁に、さつまいも、大根、こんにゃくなどを入れた、

手軽に作れる節約おでんです。あと一品欲しいときや、お腹が空いたときにもおすすめです。

 

豚バラ肉と玉ねぎの煮物

豚バラ肉と玉ねぎを醤油や砂糖などで味付けし、煮込んだ煮物です。

材料も少なく、調味料も基本的なものを使うので、手軽に作れます。

余った野菜も入れて、無駄を省いた煮物にするのもおすすめです。

 

簡単スパゲッティ

スパゲッティに、ツナ缶やトマト缶などを使ったソースをかけるだけで、手軽に作れる料理です。

野菜を加えてもおいしく、コスパも良いので、節約にもおすすめです。

 

美味しくて安いが最強

「節約ライフハック」おすすめの5つのアイデア

「節約ライフハック」とは、お金や時間、労力を節約するためのアイデアやテクニックのことです。

以下では、初心者でも取り入れやすい5つのアイデアを紹介します。

 

・食材の保存方法を工夫する

食材を無駄にしないためには、保存方法を工夫することが大切です。

例えば、冷凍庫に保存する際には、一人分ずつ分けて保存すると、

必要な分だけ解凍できて無駄がありません

 

。また、野菜はビニール袋に入れたまま冷蔵庫に入れると、

蒸れて傷みやすくなりますので、風通しのよい場所に置くようにしましょう。

 

・消耗品は安売り時にまとめ買いする

トイレットペーパーやティッシュペーパーなどの消耗品は、

安売り時にまとめ買いすることで、一度に多くの量を安く購入できます。

 

特に、シーズンオフの商品は大幅に値下げされることが多いため、

買いだめするとお得です。

 

・給料日前に食費を抑える

給料日前には、食費を抑えることで節約効果を高めることができます。

例えば、食材を使い切って冷蔵庫を空にするようにする、

家にあるもので作れる簡単な料理を作るなどが効果的です。

 

・オンラインショッピングで価格を比較する

インターネットを使って商品を購入する場合は、

複数のオンラインショップで価格を比較してから購入することで、

より安く商品を購入することができます。

 

また、クーポンやポイント還元などのサービスも活用することで、

よりお得に買い物ができます。

 

・2度使いをする

使い捨てのものを減らすことも節約のひとつです。

例えば、ペットボトルやコップは洗って再利用することができますし、

タオルも乾いたら何度か使いましょう。

 

また、シャンプーやボディーソープなども、

使い切る前に薄めて使うことで、長く使うことができます。

 

Sponsored Link

「節約におすすめのアプリ」5選

節約アプリ

Photographed in Japan.

スマートフォンやタブレットには、節約に役立つ様々なアプリが存在します。

ここでは初心者にも取り組みやすい「節約におすすめのアプリ」を5つ紹介します。

 

・ポイントサイトのアプリ

ポイントサイトとは、

アプリを通じて商品購入やアンケート回答などを行うことでポイントを貯め、

現金や商品券などに交換できるサービスです。

ポイントは複数取りで

ポイントサイトのアプリを利用することで、

通勤中や空いた時間にポイントを貯めることができます。

 

・家計簿アプリ

家計簿アプリは、収入や支出を記録することで、

自分の家計状況を把握することができるアプリです。

 

家計簿アプリを使うことで、どこにお金を使っているかが一目でわかるため、

ムダ遣いを減らし、無駄な支出を抑えることができます。

 

・クーポンアプリ

クーポンアプリは、スマートフォンやタブレットで利用できる、

各種割引クーポンがまとめて掲載されたアプリです。

 

クーポンを利用することで、飲食店やショップなどでお得に買い物ができます。

 

・料理レシピアプリ

料理レシピアプリは、自宅で作れる簡単な料理や節約に役立つレシピを紹介しているアプリです。

食材の在庫や季節に合わせたレシピを探すことで、

食材の無駄遣いを減らし、節約につなげることができます。

 

・ガソリン価格比較アプリ

ガソリン価格比較アプリは、

自宅周辺のガソリンスタンドの価格を簡単に比較することができるアプリです。

 

価格差がある場合は、

安いガソリンスタンドを利用することで、交通費の節約につながります。

 

以上が、「節約におすすめのアプリ」の5つの選択肢です。

これらのアプリを活用することで、日々の節約がより促進されること間違いなしです。

 

まとめ

まとめると、節約の方法には

食費、光熱費、交通費、買い物、家計の見直し

など様々な分野がありますが、基本的には支出全般を見直すことが大切です。

 

食費の節約には自炊や食材の買い物法を工夫。

光熱費の節約には省エネグッズやエアコンの設定。

交通費の節約には公共交通機関の利用やカーシェアリング、自転車通勤など。

買い物の節約にはキャッシュレス決済やポイント還元、クーポン利用がおすすめ。

 

また、家計全体を見直すことで、ムダな支出を省き、節約効果を上げることができます。

さらに、節約に役立つグッズやアプリ、

レシピやライフハックなどの情報も参考にすると良いでしょう。

 

これらの方法を実践することで、毎月の支出を減らし、生活費の余裕を増やすことができます。

今からでも始めても遅くはありません。

 

何か1つ意識するだけで、それが波及しどんどん節約に向けた行動ができます。

お得な節約ライフを送ってみてください。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*