チーム学校とは何か?教育現場も変わろうとしている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基本的にお金とか経済にまつわることを書いているのですが、先日気になったフレーズを聞いたのでちょっと調べてみました。

 

その名も・・

 

 

「チーム学校!!」

 

 

 

うおおっ!!

 

 

 

 

・・・ってコレなに???

 

 

Sponsored Link

「チーム学校」って学校?ですよね?

 

この言葉は小学校を指しているのでしょうか?中学校か、はたまた高等学校なのか・・

どうやらそういうことではないみたいです。

 

昨今の時代の流れに伴い、家庭環境や子どもたちも多様化してきた。

学校の先生の対応も多岐に渡り増大中。本来の子どもたちを見る時間も低下。

学校の先生に加えて、その他スタッフを充実させて問題解消をはかろう。

教員とその他専門スタッフによるチームを結成。

 

それが「チーム学校」ということ。

まぁそのままの意味ですよね。

 

ちなみに今の学校の先生の業務量はとてつもないみたいですね。

・授業

・学校行事

・保護者対応

・授業の教材研究

・不登校の子へのケア

・地域との交流

・部活動

・生徒指導

 

などなど非常に多忙のようです。

 

ちなみに偉大な先生といえど人間です。

精神疾患によって仕事を一時的にお休みしている人は数千人。

勤務時間は世界トップクラスです。

さすがにこの民間企業であれば問題になるであろう部分に手が差し伸べられたのでしょう。

先生って大変ですね。。

 

チーム学校の具体的な編成は?

 

そんなチーム学校の具体的な中身はどうなっているのか調べてみると

 

○副校長や教頭の複数配置

副校長なんて職種があるんですね、教頭先生も自分が学生の時には1人でしたが、複数配置ということになると何人も教頭先生がいることになるんですね・・

 

○専門スタッフの配備

スクールカウンセラー

特別支援教育支援員

情報技術支援員

看護師

部活動コーチ

といった職種の方々がスタッフとして入ってきます。

こうやってみると、私が通っていた頃とは違った雰囲気の学校になりそうですね。

こういった方策も全ては

 

教員にできるだけ本来の業務に携わってもらい、子どもとかかわる時間を増やす。

また、授業の質を向上させ、教員自身の負担を軽減させる。

 

という目的があるようです。

 

なるほど、学校も少しずつ時代に合わせた変革をおこなっているんですね。

たしかに時代が移りゆくなかで、学校だけが変わらないというのは難しいかもしれません。

子どもは未来を担う宝ですから、国は教育に関してはアンテナを高く、敏感にキャッチして色々な手段を駆使してほしいですね。

 

Sponsored Link

お金がメッチャかかりそうですね。

 

チーム学校という仕組みに関しては、とても素晴らしくどんどん進めてほしいところです。

しかし、何事もお金という問題からは切り離せませんよね。

先ほどのスタッフ拡充については、当然人件費が掛かってくるはずです。ボランティアでやってもらえる可能性は非常に低いでしょう。

 

つまりお金が無ければ人も配置できない。

そういったお金は私たちが納めている税金があてられます。

そしてその税金の使い道を決めているのは国です。

最終的にはこれらにかかわる支出を認めてくれるかどうか。になるわけですが・・

ここに関してはぜひ文部科学省に頑張っていただいて、どうにか予算を通して欲しいですね。

 

まとめ

 

・時代とともに子どもの様子も変わってきている。

・教員のみではカバーしきれないほどに多様化。

・そんな中対応策として「チーム学校」が考えられた。

・チーム学校は先生だけでなく専門スタッフを充実させること

・人件費めちゃかかりそう(個人的見解)

 

といった感じですかね。

 

人件費は掛かるかもしれませんが、学びは確実性のある投資だと思います。

どんどん教育にお金を費やして、次々と天才を生み出し、経済を発展させてもらえれば十分にリターンが見込めるのではないでしょうか。

Sponsored Link

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*