投資信託はS&P500のインデックス投資がおススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが皆さん

お金って勝手に増えたら良いですよね。

勝手に増えるというフレーズを使うとついつい怪しさが先行してしまいがちですが,決してそんなことばかりではありません。

確実とはいえませんが、高確率で増やす方法はあります。

それは具体的にはどういったことなのか私の経験から説明させていただきます。

 

 

Sponsored Link

投資には複利の力を使いたい

「1日で100万円を稼ぎたい。」

などとなるべく短期間でお金が増えることを期待するのは至って当然のことかと思います。

しかし,期間が短くなればなるほど
リスクが高まっていくように私は感じます。

ここでのリスクとは投下した金額が増えるのではなく逆に減ってしまうことを指しています。
つまり,儲けるつもりでお金を捻出したのに,何の得にもならずむしろ損をしてしまうということですね。
そんなことはほとんどの方が望んでいないのではないでしょうか。

ではどうすれば良いのでしょうか?
それは「複利」の力をつかって長期的目線で投資をしていくことです。

複利とは,
① 元本+利益A
② (元本+利益A)+利益B
③ (元本+利益A+利益B)+利益C
※ B・Cは1つ前の利益を基に換算。
以下同じ流れ
というように①から利益に対して利益を重ねていき,雪だるま式に増やしていくことです。
これが長期にわたることで大きな力を発揮していきます。

短期はハイリスクですが,これから説明する手法を長期で実施すれば超ローリスクで資産を増やすことができます。

投資信託で複利の力をつかう

ここまでで
「投資には長期的に複利の力をつかっていくという仕組みはわかったけど、それ以外は何もわからん」

ということになりました。
でもその状態でもう大丈夫です。

なぜならあとはプロフェッショナルに任せてしまえばいいからです!

プロフェッショナルとは何か?
皆さんから預かったお金を一生懸命に増やそうとしてくれている方々です。そんな方々に投資を任せてしまいましょう。

つまり「投資信託」です。
託したお金をそのままプロの方々に委ね、利益を出してもらうのです。

「それなら安心ね!でもぉ・・お高いんでしょう?」
(テレビショッピング風に)

まぁそこは当然お願いをするわけですからタダというわけにはいきませんが、その辺も考慮していますからご安心いただきたいところです。
ポイントとしては以下になります。

① 信託報酬(プロに支払う報酬)が安いところがある
② 報酬を差し引いても好成績をあげてくれる商品がある
③ とりあえずココにしとくべし。というシンプルさ

この3つがメリットとして挙げられます。
これならば複利の力に十分にはたらいてもらえることが期待できます。

 

信託先は米国株へ

ここまでで
・投資において複利の力は不可欠
・投資先はプロに任せる投資信託
というところまできました。

そしてその信託先はどこなのかというと
「米国株」になります。

なぜ日本人なのに米国の株を投資先にするのか?

それは,米国が世界経済の主要部分を担っているからです。

日本も経済的に悪いとはいいませんが,アメリカに比べたらやはり比にならないようです。
その他にもインドや中国も台頭してきています。
これら主要国の経済に日本は左右されてしまうという現実があります。

さらに日本の企業は業績が悪化すれば株主優待や配当金をストップしてしまうことが多々あります。

しかしアメリカは「株主第一主義」の姿勢が強いです。
現にあのコカ・コーラ社は60年近く連続増配しています。
その他の企業も10数年以上連続増配はザラです。

日本では花王が頑張って30年ほど増配を続けていますが、それでもまだまだ遠くおよびません。

企業が日本とは比較にならない成長を続けている+株主に還元する意欲が高い
そんな米国株に投資信託することがおススメする理由になります。

Sponsored Link

日本からでも米国株には簡単に投資可能

そもそも先ほどから日本以外の株を推しているわけですが、口座とか税金とかなんだとか色々と買うまでに大変なのではないか?

ズバリ、大変じゃないものがあります。
ただし、まずは証券口座を開設しましょう。

SBIとか楽天とかマネックスとかで検索してみてください。
口座開設までの流れが丁寧に載っています。
インターネット回線さえあれば口座開設はさほど難しいものではありません。

開設すると投資信託を購入するページが出てきます。
ご覧いただくと分かるように投資信託といっても様々な商品があります。

やれ債権と株とのバランスがどうとか,色々ありますが難しいことはおいおい知っていくとして・・

「バンガード」

「S&P500」

「インデックス」

という3つのワードに注目して検索してください。
これが探し出せたらほぼ正解の商品までたどり着いています。

このワードなんなん!?
って思ってもそのたどり着いた商品を購入してください。

そういわれても不安な方に超絶ざっくりとご説明いたしますと
「バンガード」・・投資信託先の超大手
「S&P500」・・アメリカの優良企業500社。日本企業とは雲泥の差。
「インデックス」・・ゆったり着実に収益を狙っていく

これらを日本の証券口座から購入することが可能なのです!
つまり日本でメリットモリモリの米国株に投資信託することができるのです。

Sponsored Link

 

気になる利益率は?

どれほど儲かるのかというところですが、過去の水準から勘案して
およそ年間5~10%の利益率といったところです。

たった5~10%と思ったかたもいらっしゃるかと思いますが
(これでもかなりスゴイことなんですけど・・)
さらにここに複利の力を長期的に働かせるというところがポイントです。

1年目は元本に対して僅か5%程度かもしれませんが、ここに複利の力をかけつづけることで莫大な金額になったりします。

例えば簡単な計算ですが
月7万円を10年間積み立てていくと
7万×120月=840万
ここまでが頑張って貯金した額になります。

でこれを同時に5%で運用していくとすると
に合計額に対して+約29%されまして・・・

 

245万程度上乗せされ、1085万になる計算です・・

 

10年の月7万の計算でこれです。
期間や毎月の積立額を変えればさらにプラスも見込めます。

預金口座に余剰資金をしばらくねむらせている方はやらない手はありませんね。
ちなみに今の預金口座の平均金利は

 

0. 003%

 

です・・。

 

投資間違いないまとめ

というわけで投資は

・複利の力を長期的にはたらかせる
・投資はプロにまかせる=投資信託を活用
・投資先は米国株
・商品名は「S&P500」「インデックス」がキーワード
・あとは余剰資金投入

というさして難しくないものでした。
老後資金不足の不安や早期リタイヤを目指している方は、貯金+投資に対する意欲を高め、うまく活用して豊かな将来を目指してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*