仕事ができる人って怖い?性格と悩み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事ができる人は企業で重宝されますし、何かとお願いすることができます。

そういった方はゆくゆく出世していくでしょうし、より高いステージで仕事をバリバリこなしていくことでしょう。

 

しかし、仕事ができる人もその性格から悩むことがあるようですよ・・。

これは体験談に基づくお話です。

Sponsored Link

仕事ができる人=情報処理能力が早い

仕事ができる人は、与えられた仕事を早く終わらせることができます。

それは、どのようにすれば効率的に仕事をこなすことができるか。常に優先順位を考えながら仕事をしているからです。

 

普通の人が100メートル走ってゴールするところを

できる人は秘密の近道を見つけて、50メートルでゴールすることができる。

そんなイメージでしょうか。

また、広い視野を持ちあらゆる視点で物事を考えることができます。

 

「この場合は・・・かもしれない。」

「この人にしてみればこれは・・・かな。」

 

というように常に最悪を想定したリスクヘッジができることで、致命的なミスを防ぐこともできます。

そうして仕事で成果を残し、上司から高い評価を得ていくわけです。

 

仕事ができる人の性格ってなんか怖い?

 

同じ職場に仕事ができるといわれる人がいて、その人と接している時って皆さんはどのように感じますか?

 

謎のプレッシャーを感じたり

ヒリヒリするようなオーラを感じたり

トゲトゲしいものを感じたり・・

言葉もキツくちょっと怖い感じ

こんな感じでしょうか?

 

マンガで言うとメガネとかキラーンと輝かせているような・・。

仕事ができる人って何だか冷徹なイメージが先行していますよね。

 

でも、中には

いやいや、ウチのできる人はまったくそんなことはありませんよ。

 

おおらか

冗談めいていて明るい

ほんわかとした暖かみがある

話しやすい

 

って人もいるかもしれませんね。

 

恐らく私の経験からいうと

どちらのタイプもいます。

 

ではなぜ怖そうな人とそうでない人がいるのか・・?

 

それは

 

その時の本人の心の様子をうつしている

 

のではないかと思います。

 

また、怖そうなイメージを全く持たないとされる人に関して言うと、

意識して余裕があるように見せている場合もあります。

 

仕事をやっていないように見えて、実はものすごく仕事を抱えているが、それを超高速でこなしていたり・・

 

あるいは、そこでいつもカリカリしながら仕事をすることは、人間関係構築する上で、ひいては企業の利益の為には得策ではないと判断し、あえて穏やかにすることで職場の雰囲気を乱さないようにしている。

そこまで考えての振る舞いだとすると、その方は苦労を乗り越えてさらにワンランク上にいっている方です。

見習うべき部分が多々あることでしょう。

 

今回は前者の怖い印象を持たれている方に関して深堀りしてみます。

 

Sponsored Link

仕事ができる人にも悩みがある

なぜイライラしているように見えたりとげとげしく怖いように見えるのか。

仕事はできるし、むしろ良いことの方が多そうだというのに・・

 

仕事ができるからと言って悩まないというわけではありません。

現にそんな方達と話をしていると、色々な葛藤を抱えて仕事をしているようです。

 

・周囲に自分と同等の働きを求めてしまう

「ここはこうあるべきなのに・・なぜ、こうしないのか」

「こんなに練られていない浅い考えでは必ずどこかで歪みが生じる」

 

というように、自分だったら●●であるという考えを他の人にもわかって動いてもらいたいが、頼れる仲間がいないため、もどかしさを感じているという悩みです。

 

・結局自分がやった方が良いので仕事が増える

「もう任せる位なら自分がやった方がはやいか・・」

 

仕事ができる人は自分の理想とする形が明確であり、常にベストの状態で仕上げていきたいと思っています。

人に任せた結果パフォーマンスが落ちるのであれば、自分でやってしまおうとして仕事が増えていってしまい苦しいという悩みです。

 

・努力し挑戦した結果、受け入れられず失敗してしまう

仕事ができる人の行動力は目を見張るものがあります。

このままではいけないと、従来の形から脱却して新たなものを生み出そうと努力をします。

しかし良かれと思って生み出したアイディアは、保守的な考えの方々によって否定されてしまう事があります。

 

それどころか何の発展性も感じられない従来型を評価される場合もあり

「結局今まで自分がやってきた努力は報われないのか・・」

とモチベーションを落としてしまうこともあります。

 

 

 

その他にも「使えない上司とのやりとりで疲れる」などなど・・

私が聞いた限りでもこのような悩みがありました。色々ありますね。

 

ちなみにもれなく皆さん仕事ができる方です。

仕事はできてもそこは人間ですから、本人達だからこそ悩めることがあるんですね。

 

Sponsored Link

能力が高い分孤独感も感じやすい

 

これらの悩める方々に共通することとしては

「まるで自分1人が頑張っているような孤独感を感じる」

ということです。

 

自分の意図が通らない=わかってくれない=協力を得られない

という思いから孤立してしまう方もいるようです。

というより自分から孤立の道を辿って行ってしまう人も何人かいます。

 

休憩時間に楽しく談笑している姿を見ても、イライラが募ってしまい交わりたくない。

 

「よくもまぁそんな楽しくお気楽に過ごしていられるな・・・。」

 

とか

 

「そんな楽しく談笑している時間があるなら仕事してほしい。」

 

こんな考えすら出てきてしまう。ちょっとネガティブですね。

 

私はこれらは

先を読む力が優れており、視野が広すぎること

からくるのではないかと思っています。

 

先が見えてなければ今を楽しく生きていられます。

見えなくてもよいものなら、見えていない方が気にする必要がありません。

しかし、仕事ができてしまう人というのは大抵それらの能力に長けているため、見過ごすことができないのです。

 

できることなら皆と一緒にやっていきたいが、誰かがフォローしないといけない部分がある。

 

要するに、他の人の仕事を少しずつもらっている状態ということですよね。

フォローしながら気が付けば容量目一杯になるほど仕事を引き受けていて、毎日必死にこなしている。

それがヒリヒリした感じのオーラを醸し出しているのかもしれませんね。

もしくは話しかけられても気づかない程の没頭した状態・・

 

そんな人材は企業において貴重であることは言うまでもありません。

同僚・上司でそんな人が身近にいて、1人でイライラしているようでしたらさりげなく親切にしてあげてほしいと思います。

(さりげなく・・がポイントですね)

 

仕事はバリバリ。そんな彼らも悩みを持っているんですね。

張りつめた表情が少しでも緩んでくれれば、さらにバリバリと仕事をこなしてくれるかもしれませんね。

Sponsored Link

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*