世の中は理不尽なことだらけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ことわりをつくさず」

と書いて理不尽。
この世の中、理不尽が当たり前のように横行していますね。
そんな理不尽についてふと考えることがあったので、ここに記しておこうと思います。

Sponsored Link

大人の社会は理不尽

理不尽を辞書で調べてみると
「道理に合わないこと」だそうです。
なるほど。

そして、やはり何年勤めても感じることは

「大人の社会は理不尽なことだらけの世界だなぁ・・」

ということです。

権力の強弱によって、本来あるべき形は簡単にゆがめられてしまうことが往々にしてあります。
なかにはそれに耐えられず、挫折してしまう人も多いのではないでしょうか。

私自身も、先を見通した上でこれ以上ないベストの提案を上司に持っていくことがあります。
しかし、その上司の気分がなんとなく乗らなければ・・1発で却下になります。

その提案が企業や人々にとって最善の提案であったとしてもです。

その提案の為に費やしていた時間は全て無駄になり、やるせない気持ちでモチベーションも大きく下がります。

また、ある時は自分のミスではないにもかかわらず、最大限フォローに回り何とか持ち直すものの、肝心のミスをした当人は知らん顔。
というよりそのことにすら気付いていない?

このような理不尽な出来事が日常茶飯事です。
しかし、それが「社会」というものなんだと。
何度も経験しているうちに良くも悪くも知っていき、順応していきました。

Sponsored Link

「理不尽」を「当たり前」に

とにもかくにも大人の世界は理不尽です。
いちいちその事に腹を立てて抗議していくことは、組織で働いていく中であまり得策とは言えません。

上司との間に摩擦が生じると、マイナスの印象がついてしまい、それが査定や昇給など自分の生活に響いてくる可能性もあります。
また、そのことでストレスを溜めこみ、身心に影響が出てしまっては、仕事に支障をきたしてしまいます。

 

結果として体調が優れないまま退職。
などという最悪のパターンになってしまっては、元も子もありません。
何のために必死になってその会社に就職したのでしょうか。

理不尽を当たり前のこととして捉えましょう。

じゃあ自分の正義は捨てろということですか!
そんな大人社会はこっちから願い下げだ!

と言いたい気持ちもわかります。
あくまで大人の社会を渡り歩くうえで、基本スタンスの1つとして備えてもらいたい。
ということであって、へーこら頭を下げてイエスマンになっていれば良いということではないです。

ここで大切なことは「理不尽に対して耐性を高めること」です。
自分の持っている理念・ポリシーは捨てる必要はありません。
しかし、発揮できるその時まで心の中で研ぎ澄ませておいておくべきです。

不本意な内容に対しても、適当に話を合わせておくというのをコミュニケーションスキルのひとつとして持っておくことも大事です。

理不尽に打ち勝つには準備期間が必要

仕事を続けて成果をあげていくうちに、自然と自分と同じ理念を持った仲間が近くに現れることがあります。
その同志を集めて、さらに成果をあげていきましょう。

そこでようやくスタートラインに立ったことになります。
管理職の立場からすると、会社にとって実績がある貴重な人材に対して、理不尽な命令で適当に扱っていくことはできなくなってきます。

つまり、理不尽とぶつかった時にそう簡単につぶされることのない土台作りをすることが大事であるということです。

そのためには実績と信頼が必要です。
仕事をしっかりこなし、虎視眈々と力を蓄える必要があるということです。

幼少期に理不尽を学べるか

話は変わりますが、子供の頃は純粋無垢で、成長とともに様々な体験をするわけですが、皆さんはその時に理不尽を学べたでしょうか。

例えば
学校でリーダー格の人にお遣いを頼まれた・・。(いわゆるパシリ)
自分の本意ではないが場の雰囲気を読んで、おとなしく従った・・。
まったく自分に非はないが怒られた・・。
など

経験された方はこの時点で
「なんでこんな目にあわなけりゃならないんだ・・」
とかモヤモヤした気持ちを感じたことでしょう。

その感情を幼少期で経験すると・・ある意味で諦めといいますか、こういうことが起こり得るものなんだなぁ。と学ぶことになりますよね。

コミュニティが変わっても、大人になってもそれは変わらず続くものだという耐性が身に付いているはずです。
それはある意味でプラスでもあります。

一方で全くその理不尽を経験できずに社会人になってしまう人もいます。
例えば
適切な距離感で空気のように目立たず生きてきた人
学校内のグループでリーダーなど上位の位置にいた人
一匹狼で誰とも群れずに生活してきた人

この辺りの人は場合によって理不尽をかいくぐってきた可能性があります。
今は学校の先生も、ひとりひとりの個性を尊重しているため理不尽な指導は無くなりつつありますし、自分のクラスやグループくらいからしか経験する機会がありません。

そういった意味では一昔前の方々のほうが経験値は高かったといえるでしょう。
ただし、それが良いか悪いかはまた別の話ですが・・。

経験という意味では、理不尽な思いをした人と、全くそんな思いをしたことがない人では差が出るのは必然です。
しかしそれが社会に出てから大きな影響を及ぼすかどうかは未知数であるということです。

それでも大人になってから理不尽を体験し、大きな挫折してしまうとゆっくり立ち直るような時間はなかなかありません。
(社会から置いていかれてしまいます)

そういった意味では、幼少期に耐性を身に付けておくのも大人社会で生き抜いていくひとつの方法かもしれません。
まぁ一番問題なのは子供の時に教えている事と大人になってからの生き方が違うというところだと思いますが・・

忖度とか。

Sponsored Link

会社の理不尽=即パワハラと叫ぶことは-正解か

近年「パワーハラスメント」や「ブラック企業」などという言葉が流行し、国の働き方改革も相まって雇用される側の意識も大きく変わってきました。

経営する側はコンプライアンスなどの服務規律を重要視し、働きやすい職場作りにつとめていることだと思います。

そんな流れを受けてか、上司からの命令が自分にとって納得がいかないからと、すぐにパワハラだと強調するような若手社員が身近に存在していないでしょうか。
もしくはいつの間にかそんな社員に自分がなっていたりしませんか。

ケースバイケースですが

自分にとって理不尽だからパワーハラスメントだと過剰に主張するのは、一体誰のためになるのか

を考える必要がありそうです。

私達会社員は何百~何万人という組織で動いています。
この組織は企業のために利益を追求していくことが重要です。
でないと会社が倒産してしまいます。

経営が悪化すれば人員・給与削減。
倒産してしまえば給料は無くなり、再就職・・年齢によっては厳しいかもしれません。
退職金も支給されるかどうかわからない。
全体で被る損失は計り知れないものがあります。

その本質を理解せずに、自分の感情に任せてゴネるのはあまり良いといえるものではありません。
個人よりも、組織や企業を優先するべき時があります。

自分の中で感じた理不尽は、世間の常識と照らし合わせても理不尽なのか・・
周囲にとってプラスなのかマイナスなのか・・

しっかりと考えて、結果的に自分の立場を苦しめてしまわないように慎重な行動が求められる時があります。

理不尽はこの世からなくならない

結局のところ理不尽というのはこの世から無くなることはなさそうです。
理にかなわないことが日常に存在しているというところが妙な話ですが・・・

「郷に入っては郷に従え」

ということわざがあることが、過去から現在に至るまで無くなっていないということを示しているような気がしてなりません。

しかしこの社会における理不尽はマイナスの要素ばかりではなく、うまく物事を進めていく潤滑油のようなプラスの要素も含んでいるように思います。
雇用されている側の私達は上位の立場の方が必ずいて、そこに少なからず理不尽な出来事がおこります。

どうしても納得がいかなければ、その人より自分が上位にたてばそこで終了です。
理不尽を理不尽でないものとすることができますし、そもそもそんなに経験することもなくなるでしょう。

理不尽は永久に不滅である。

であるならばそれを承知したうえで仕事で実績をあげながら、自分の置かれた状況に応じて上手く付きあっていくこと。

これが大人社会の生き方・働き方といえるのかもしれません。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*