研修の内容をおもしろくするために必要なことはコレ

企業で働いていると研修を受ける機会があるかと思います。
働きながら研修することはスキルアップには欠かせない要素ですね。
また,社内研修だと,社員が研修を企画して他の社員に研修会という形で実施することもあるかと思います。

私も年齢的には中間層になってきまして,新入社員の研修を企画・運営する機会などが非常に多いです。
しかし,毎回どのような研修をしたら,効果的なのか悩んでおります。
そんな数多くの研修を企画している私なりの解決方法を記してみました。

続きを読む

Amazonプライム無料体験の罠に注意して2回目も賢く利用しよう

アマゾンプライムといえば,年会費を支払い様々な特典を受けられることで有名ですが

 

「無料体験登録していたらいつの間にか正規会員に移行していた,これは罠だ。詐欺だ。」

 

などと,言われることもあります。

そういった落とし穴にはまってしまわないように,お得に利用できる方法をご紹介します。

 

続きを読む

2018年 不動産投資の融資引き締めが厳しいかもしれない

 

不動産投資において,物件購入の際に融資を受けることは重要な要素なんですが,最近融資の審査が厳しくなったなーと感じる事はありませんか。

 

実際に不動産業界全体でも騒がれており,融資の引き締めが物件の売買にも大きく影響をおよぼしているようです。

 

どの程度厳しい状況なのか,これまでの融資基準に照らし合わせてまとめてみました。

続きを読む

節約しない生活をしてみたらこうなった

私は基本的には節約に気をつかうことで、なるべく浪費を減らしてお得に過ごしていこうという考え方です。

そして節約したお金を投資に回して収入を増やそうと思い、あれこれ試行錯誤しております。

 

(こんな感じです↓)

 

 

しかし,そんな中

「いや・・ここはあえて逆の方向に進んでみようか・・」

などと、ふと思う時がこれまでも何回かありました。

 

ということで今回は、一時的にその気持ちを抑えずにあえて節約から離れてみた結果、どのような心境になったのかを書いてみました。

続きを読む

新社会人に贈る仕事を楽しむ方法

就職活動を終え,4月から新社会人になった皆さんおめでとうございます。
学生時代とは環境がガラっと変わり,ワクワクしている人や,変化に対応できず困惑している人など,感じる事は人それぞれだと思われます。

そのような中でも皆さんが思う事のひとつとして

「早く職場に慣れて充実した社会人生活を送りたい」

といったようなところだと思います。

そんな皆さんに少しでも仕事を楽しんでもらえるように,私なりの方法をお伝えしたいと思います。

続きを読む

働き方改革と教員の部活動問題について考える

皆さん働き方改革ってご存知ですか?

最近よく耳にする言葉です。

しかし、その改革が勤務環境が特殊な教育現場においては、まだまだ浸透はしていないようです。

 

実際に友人の勤務する職場の環境について色々と聞く機会があったので。

ここぞとばかりに根掘り葉掘り聞いてみました。

続きを読む

クールビズ(ポロシャツ)がビジネスで定着。ネクタイ業界は衰退。

クールビズといえば、今や夏季の定番フレーズになりました。
これに合わせて各衣料店も通気性の良い半袖シャツやポロシャツを売り出し、一定の経済効果もあらわれているように思います。

しかしそのような中、非常に苦戦を強いられている業界があるようです。
はたしてどのような状況になっているのでしょうか。

続きを読む

時間の使い方が上手い人・下手な人の特徴

世の中生まれながらにして貧しかったり,あるいは裕福な家で育ったりとスタート地点においては格差が生じてしまう場合があります。

しかし,そんな中でもすべての人間において平等に与えられているものがあります。

それは「時間」です。

 

私達人間は1日24時間という概念で行動しています。

与えられている時間は同じですが,過ごし方は様々ですよね。

続きを読む

実質0円スマホが禁止。それでもお得に買える方法がある!

総務省が携帯電話を安易に割り引き,実質0円などと表現して販売することを事実上禁止したんですが,いまだにキャンペーンなどで時々見かけることがありませんか?
禁止されたはずなのに何故見かけるのだろうか?と調べてみたら各社でうまくすり抜けているようです。
私達がお得に購入するためにはどうすればいいのか考えてみました。

 

続きを読む

かぼちゃの馬車問題にみるサブリースの問題点

話題になった「かぼちゃの馬車」問題をご存知でしょうか?

女性専用のシェアハウスを主軸にオーナーを集い,サブリース契約をしたものの経営が上手くいかずに支払いがストップ。

そのため,今後オーナーによる破産が続出するかもしれないといわれている問題です。

そこから見るサブリースの落とし穴について考えてみたいと思います。

 

続きを読む