高速道路のハイウェイホテルでお得に旅行。気になる相場はこれくらい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんが利用している高速道路。特に地方在住者には遠方へのアクセス手段として欠かせないものとなっています。

 

さらに長時間運転する人が休憩する場所としてサービスエリアが作られ,多くの方に利用されていますが,場所によっては宿泊者向けに作られたハイウェイホテルというものが敷地内に存在しているのをご存じですか?

 

これが高速道路を利用している長距離旅行者にとって注目の施設であるそうです。

ということで少し掘り下げて調べてみることにします。

Sponsored Link

 

旅行は車か電車か

 

旅行を計画する際,移動手段として電車派と車派がいらっしゃると思います。

電車は時間に間に合えば,目的地までスムーズに連れて行ってくれます。

 

しかし,ある程度行動が制限されますし,荷物の移動も面倒です。

場所によっては満員電車のストレスもありますね。

 

車は比較的自由に行動ができ快適ではありますが,渋滞という最大のデメリットがあり時間が読めません。

 

特に渋滞に関しては,私達が活動する日中の時間が最も混みやすい時間帯であるため,時間をあえてズラして深夜・早朝などに移動する方もいます。

 

高速道路利用者はそういった時でもサービスエリアを利用して,食事をしたり場合によっては車中で仮眠をとったりするなどして時間を過ごしている様子も見られます。

 

サービスエリアの長時間滞在はNG?

 

サービスエリアは食事処やトイレもあり,施設としては充実していることに加え,高速道路から降りる必要がないことから,長時間利用している方や車中泊という形をとられる方もいます。

 

サービスエリア内での車中泊は宿泊料もかからず,滞在場所としても安全なのでお金を節約したい方には良い方法にも見えます。

 

しかし,NEXCOに聞いてみると,長時間の滞在は良しとしていないようですし

そもそも車中泊については,禁止行為としているところもあるようです。

 

ざっくりとした考え方としては

 

・サービスエリアやパーキングエリアは高速道路利用者の休憩

 を目的としている施設。

・駐車可能台数にも限りがあることから,施設を長時間にわたり占有することは、他の利 用者への迷惑になる可能性がある。

・特に敷地内での宿泊を目的とした利用についてはご遠慮いただきたい。

・多くの方に快適に利用してもらうために、ゆずりあいながら利用していただきたい。

 

とのことです。

 

これは旅費を少しでも安くしたいドライバーにとっては困ってしまいますね。

しかしながら,確かにピーク時の人気サービスエリアは入り口付近から行列になってしまうほどの混雑ぶりなので,そういった時には控えてほしいという思いはあります。

 

Sponsored Link

サービスエリアに宿泊施設?

 

車中泊は許されていないし,まだまだ目的地は遠い。

しかも,旅館に泊まるほどのお金も持ち合わせていない。

 

そんな旅行者の悩みを解決してくれるのが「ハイウェイホテル」です。

 

サービスエリア内に作られた,高速道路利用者向けの宿泊施設で,高速道路から降りずにそのまま宿泊可能です。

 

観光地の宿泊施設のような豪華な設備は期待できませんが,その分お値段も良心的なので長旅の選択肢の1つとしては悪くないと思います。

利用できる場所や料金などは以下の通りです。

 

○レストイン時之栖(ときのすみか)

・東名高速道路足柄SA上り線

 

シングル(バス有り)      5800円~

ツイン(バス有り)        5200円~

身体障害者用ツイン(バス有り) 4600円~利用人数に応じて

和室(バス有り)            4000円~利用人数に応じて

・専用駐車場 : なし(サービスエリア駐車場を利用)

・チェックイン : 16時~ チェックアウト : ~10時

・その他 : 入浴休憩施設あり(宿泊客は無料)

 

○レストイン多賀

・名神高速道路多賀SA下り線

 

シングルエコノミー       5000円~

ツインエコノミー          6200円~

和室(バス有り) : 1室

和室(バス無し) : 1室

 

・専用駐車場 : なし(サービスエリア駐車場を利用)

・チェックイン : 15時~ チェックアウト : ~10時

・その他 :別料金で入浴休憩施設あり(宿泊客は無料)

上り線からでも歩道橋を介して利用が可能。

 

Sponsored Link

○ファミリーロッジ旅籠屋 壇之浦PA

・関門自動車道壇之浦PA下り線

 

レギュラールーム        5000円~ 

 

・専用駐車場 : 18台

・チェックイン : 15時~23時  チェックアウト : ~11時

・その他

休憩利用不可

国道9号からも利用可能

 

○ファミリーロッジ旅籠屋 佐野SA

(E-NEXCO LODGE 佐野SA店)

・東北自動車道佐野SA上下線

 

レギュラールーム        5000円~

 

・専用駐車場

上り線 : 15台   下り線 : なし(サービスエリア駐車場利用)

・チェックイン : 15時~23時  チェックアウト : ~11時

・その他 休憩利用不可 

当店のみ東日本高速道路の施設の一部扱いのため、クレジットカードによる支払いが可能。(他同一店は現金のみの支払い)

 

○ファミリーロッジ旅籠屋 宮島SA

・山陽自動車道宮島SA上り線

 

レギュラールーム         5000円~

 

・専用駐車場 : 14台

・チェックイン : 15時~23時 チェックアウト : ~11時

 

※全て1名からの料金。閑散期,繁忙期によって値段の変動あり。

 

 

となっております。

なお、ハイウェイホテル内で食事が提供されることは基本的に無いようです。

ですが食事はサービスエリア内でとれますし,何より車中泊と違って体をゆっくりと休ませることができます。

 

ただし,最大ともいえるデメリットがあります。

それは上記でご紹介した通り

 

「全国で5カ所しか無い」

 

というところです。

 

どれほど利用したくても,その所定のサービスエリアまでいかなければ宿泊できないというところが最大のネックですね。

 

ハイウェイホテルを活用してお得で快適な旅行を

 

高速道路にいながら宿泊できる「ハイウェイホテル」

名前はそのまんまという感じでしたが、いかがでしたか。

相場は5000円程度ということで、ビジネスホテルと同じか少し安い位ですね。

 

高速道路を長時間走る方にとっては

休息をとることで思わぬ事故やトラブルなどを回避できる上に,結果として時間・コスト的にもお得だった。

ということもあり得ます。

 

長距離の旅行を考えていて該当するサービスエリアに寄られた方は,車中泊からぜひ一度ハイウェイホテルの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*