庭草ボーボー時の草取りのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の夏は暑いですね。

連日30度超えですし、夜も超熱帯夜でクーラー無しでは耐えられないほどです。

そんな記録的な猛暑のなか、シーズン恒例ともいえる行事があります。

 

それが「草取り」です。

Sponsored Link

草がボーボー生えるのが夏

 

コチラでも紹介している通り、不動産を土地付きで持っていると草がボーボーに生えてきます。

 

コンクリ―トでも敷いていればまた違ったのでしょうけど、舗装するには資金が・・・。

かといって毎回業者に除草作業を依頼するのも・・。

しがないサラリーマンには手痛い出費です。

 

というわけで夏季に最低でも2回程度抜きにいかなければならないのです。

そして毎回思うんですが、行くたびにジャングルなんです。

たった1ヶ月見に行かないだけで、元通りです。

 

むしろ増してます・・。

 

植物のたくましさを感じると同時に見るたび心を折られています。

 

除草時の服装・便利アイテム

 

庭の草取りは皆さん悩ましいところだと思います。

少しでも楽に処理したいですし、あまり生えてほしくないですし・・。

そんなわけで自分流の草取り便利アイテムをご紹介します。

 

・薄手の長袖服

薄手というのは単純に夏場は暑いからですね。

長袖で無いと、草丈があると固い茎などで肌を傷つける可能性があります。

また、草や粉が肌に触れてかゆくなったり、ヒリヒリしたりする・・などということもあります。

 

それと、1枚布をはさんでいることで虫のトラブルも軽減されます。

特に「蚊」や「毛虫」などは刺されると厄介ですよね。

 

・軍手

便利アイテムですね。というより必需品です。

これが無いと爪先に汚れが入ったり、草で手が切れてしまったりすることを防げます。

 

・鎌

これもあると便利ですね。

引っ張ってもどうしても抜けない根ってありませんか?

そんな根がある場合には根付近で切ることができます。

あとはひとつずつ引っ張っていくよりも、範囲で刈り取ることができるので効率的です。

 

・砥石

鎌の切れ味が悪くなった時に使います。

しばらく使っていると、錆びてきて草取りがはかどらなくなってきます。

持ち歩くのではなく保管しておいてその都度使うというかたちです。

 

・ペットボトルに入れた水

これは夏場の対策なんですが、暑いときは頭や服に水を掛けて冷やします。

これが気化熱の効果で意外に体温を下げてくれるので、非常に効率をあげてくれます。

また、手や鎌を洗ったりする時にも使います。持っておくと便利ですかね。

 

・刈払機

現代が生んだ超効率的マシーンです。

広い範囲を処理したい場合には、持っていると作業効率が全く違います。

安いもので10000円~でしょうか。

逆にこれが無いと、広い土地をお持ちの方は間に合いませんね。

 

・虫よけスプレー

虫に刺されたくなければあると便利です。

本当に刺されますからね・・地味に私は助かってます。

 

Sponsored Link

草取り作業のコツ

草取りもある程度コツを掴むと、草の生長を抑制することが可能です。

 

・なるべく根元から

中途半端に茎から刈っても、根は生きていてまたすぐ生えてくる可能性があります。

根元から処理することで雑草が再び生えてくる期間を延ばすことができます。

 

・防草シートに砂利をプラス

キレイに除草して、少ししたらまた除草・・

その繰り返しにうんざりする人はそのあと除草シートを敷きましょう。

さらにその上に砂利を撒くとより効果的です。

(砂利のみでは重さで沈んでいってしまいます)

 

どちらもホームセンターに売っているので、資金に余裕があれば買ってしまうのも手です。

こうすることで雑草の種が入るスペースを無くし、除草の間隔を延ばすことができます。

 

・最終兵器の除草剤

こちらもホームセンターで売っています。

草の生長を阻害し、徐々に枯らしていきます。

液体タイプや顆粒タイプなど色々ありますが、オススメは手間の掛からない希釈済の液体タイプです。

 

除草剤についてはその性能から人体や環境への影響が懸念されていますが

企業の宣伝では全く問題が無いと言われており、飲んでも平気だと言う人もいるほど・・

それはさすがに言い過ぎじゃないかと思うんですが、一応その位安全だと言われています。

(誇大広告の可能性もありますが、、アメリカでは除草剤で人体に影響を受けたと訴えられ、結果敗訴してます)

 

ただし近隣に植物・農作物を育てている場合には慎重に検討された方が良いと思います。

枯らせてしまってはシャレになりませんから。

 

Sponsored Link

今回は除草剤を使用してみた

 

さて、これまでは手作業でおこなっていた草取りですが

今回は除草剤を通販で買って取り寄せました。

ホームセンターなどで売っておりますが、アマゾンでも安く販売しています。

 

今回購入してみたのはアイリスオーヤマさんの速効除草剤2L 1本470円。

すぐに使用することができる液体タイプです。

庭がそれほど広いわけではないので、これでいいかなと・・5本買いました。

 

ちなみに、広大な土地をお持ちの方は希釈する原液タイプの方がいいと思います。

噴霧器が必要になりますけど・・。

効率・値段的にもその方が良いです。というかそれ一択です。

 

まぁ庭の広くない私は購入した除草剤を積んで現場へ向かいました。

前回の草取りから2ヶ月とちょっと。

今年の夏はどんなもんかなと様子を見に行ってみると・・・

 

 

ボーボーです・・。

 

うっすらそんな予感もしていたんですが、あらためて見ると衝撃ですね。

草の生命力に驚かされます。

 

さすがに草丈が長すぎて除草剤を掛けにくいので、ほどよくカットして掛けていきます。

草もある程度長いほうが吸収してくれて効果も大きいようです。

 

そしてまんべんなく撒いて帰宅。

時間にして30分程度でしょうか、あとは薬が効いてくれるのを待ちます。

 

1週間後・・

 

 

見事に効いています。

触ってみると水分が無くなってカラカラしている状態です。

引き抜くのも簡単だったのでこのまま根っこごと抜いてきれいにして終了。

 

2日間併せて1時間半くらいでしょうか。

これが薬を使わないと3倍・4倍の時間がかかります。

またすぐに生えてくることも考えられます。

 

結果的にコスパ良し

 

これまで人体への影響だとか色々考えて除草剤をつかってこなかったわけですが、使ってみるとやはり効果は大きいです。

お金はかかってしまいますがそこまで高価ではないですし、何より自分で草取りをやっていると「時間」を投下することになります。

 

その時間を別の収入を生むことに充てることができれば、損得で考えると「得」であると思われます。

今後も除草作業は続けることになりますが、時間が無いときには1つの選択肢としたいと思っています。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*